pagetop

本 奥利根の山と谷 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-奥利根の山と谷 新装版
著者: 小泉共司 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白山書房
発行年月 2000年 07月
ISBNコード 9784894750401
版型 --
ページ数 291P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小泉共司 OFF

内容紹介

大河、坂東太郎は、新潟・群馬県境の大水上山に源を発し、関東平野を横切って流下し、太平洋に注ぐ。
この坂東太郎が“利根川”である。
本書は、この利根川上流部を対象としてとりあげている。
登山者に、いわゆる“奥利根”と称される地域である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 奥利根の谷(源流水系/奈良沢川水系/楢俣川水系 ほか)/2 残雪期の尾根と谷(残雪期の奥利根の山域について/登山口とアプローチ/主稜線の縦走 ほか)/3 研究(奥利根源流域の登高史/奥利根の案内者、奥利根の人プロフィール/奥利根の自然 ほか)

著者情報

小泉 共司
1940年6月、福島県平市(現・いわき市平)に生まれる。小学2年の頃から昆虫採集を通して山を知る。高校時代から本格的な登山をはじめる。県立平工業高校電気科卒業。東京・玲峰グループに6年余所属した後、’71年11月にゼフィルス山の会を創立。沢登りと山スキーを主体とした山行を上信越から東北地方に展開する。現在、ゼフィルス山の会OB会、日本山書の会、山村民宿の会などの会員。主な著書として『東京付近の沢』『関東周辺の沢』、『山スキーの本』、日本登山大系『谷川岳・奥利根』(共著・分担執筆)などがある。ここ数年、南関東周辺の古道と石仏を求めての探索に力を注ぐ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ