pagetop

本 学びの物語の保育実践

ほしい!に追加 twitter
本-学びの物語の保育実践
著者: 大宮勇雄 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ひとなる書房
発行年月 2010年 01月
ISBNコード 9784894641440
版型 --
ページ数 230P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大宮勇雄 OFF

内容紹介

子どもの行為がついつい否定的に見えてしまうのはなぜ?やっぱり「できる、できない」が気にかかるのは?世界は今、保育・幼児教育観の転換の時を迎えている。
新しい子ども観・発達観を内包した「学びの物語」を実践すると、それまでとはまったく違う子どもの姿が立ち現れる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 子ども観転換の時代を生きる(「準備期としての子ども」から「ひとりの市民としての子ども」へ/「子ども」を見る新しい視点―発達への社会文化的アプローチとは/子ども観が変わると保育実践が変わる/実践を変えるために、子どもの「評価¥理解の方法」を作りかえる)/第2章 「学びの物語」の保育実践(「学びの物語」のススメ/「困難に立ち向かっている」姿が見えてくる時/「関心」と「熱中」からどのようにしてチャレンジが生まれるか/子どもの関心とはどのようなものか/自分の考えを表現することと自らの責任を担うこと)/第3章 「学びの物語」で保育の質を高める(質をめぐる今日的争点―「保育の成果」をどうとらえるか/「学びの物語」は子どもの発達をどのようにとらえるものなのか/学びの物語における「子ども理解」の特質/「学びの物語」と保育の質)/第4章 保育理論としてのテ・ファリキ―その子どもの見方・とらえ方とは(「原理」と「領域」の糸で織り上げられた「テ・ファリキ」/めざす人間像と五つの「領域」/学び。成長するために必要な権限を子どもたちに/子どもは「関心と意味」に導かれて発達する/子どもは、この社会を、私たちとともに生き、考えている/子どもの成長には「応答的で対等な関係」がなくてはならない)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ