pagetop

本 保育の質を高める 21世紀の保育観・保育条件・専門性

ほしい!に追加 twitter
本-保育の質を高める 21世紀の保育観・保育条件・専門性
著者: 大宮勇雄 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ひとなる書房
発行年月 2006年 08月
ISBNコード 9784894640979
版型 --
ページ数 223P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大宮勇雄 OFF

内容紹介

世界の「質研究」は明らかにした。
「質のいい保育は、子どもの人生を変える」と。
経済効率優先の日本の保育政策と対峙し、すべての子どもたちの「権利としての保育」実現のために、今、私たちがめざすべき保育観・保育条件・専門性とは何かを提示する。
保育関係者待望の一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 今、保育観が問われる時代―二つの保育観と世界と日本の保育改革(「今、ここにある生活」のなかで育つ子どもたち―OECD報告「人生の始まりこそ力強く」を手がかりに/わが国の保育政策と「二つの保育観」問題/「今、ここにある生活」を大事にする保育とは/「子どもの生活を大切にする」カリキュラムの構造)/第2章 市場原理と保育の質―質の悪化を招く、日本の保育政策(市場化推進論における保育の“コストと質”/「保育の質」への市場主義的アプローチ ほか)/第3章 新第三者評価・マニュアル化と保育の質(保育サービスの評価基準はどのようにつくられたか―東京都サービス評価システムの保育観を問う/マニュアル化と「保育の質」/保育の規格化・標準化がかかえる矛盾/倫理的ジレンマと保育者の専門性)/第4章 保育の質研究が明らかにしたこと―「質を高める」保育条件と専門性(質のよい保育は、子どもの人生を変える―「保育の質」研究が始まったわけ/カリキュラムと保育の質 ほか)

著者情報

大宮 勇雄
1953年生(福島県)。東京大学教育学研究科修了。福島大学人間発達文化学類教授(幼児教育)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

教育・資格検定のランキング

見てる、知ってる、考えてる

中島芭旺(著)


公式TOEIC Listening & Reading問題集 1

EducationalTestingService(著)


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

EducationalTestingService(著)


ランキング一覧へ