pagetop

本 こどもの本の使いかた いっしょに読むからおもしろい

ほしい!に追加 twitter
本-こどもの本の使いかた いっしょに読むからおもしろい
著者: 吹田恭子 (編著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ひとなる書房
発行年月 2001年 07月
ISBNコード 9784894640504
版型 --
ページ数 230P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吹田恭子 OFF

内容紹介

こどもにとって本を読んだり、読んでもらったりすることにはどんな意味があるのだろう。
児童書専門店という、こどもと本の最前線で四半世紀を歩んできて、今改めて“こどもにとっての本”をふりかえって考える機会に恵まれた。
“こどもにとっての本”を整理するにあたって、実際にあった出来事をつないで考えるという方法をとった。
幸い、一五年以上発行し続けてきた月刊情報紙『よもよもつうしん』には、おとなが目撃した、たくさんのこどもと本とのエピソードが寄せられている。
また、こども自身が自分の意思で書いてくれた本への思いもある。
それらをベースに、なんでもない会話の中からこぼれて出てきたものも織りまぜて編んでみた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 こどもといっしよに本を開く(いっしょに本を楽しめるのはいつ頃から?/おとなもいっしに楽しめる、こどもの本 ほか)/第2章 こどもの“楽しみ方”を楽しむ(0歳の赤ちゃんも一人前の読者/0歳の赤ちゃん、それぞれの個性的な楽しみ方 ほか)/第3章 もりおとさんたの読書日記(もりおくんとさんたくん/もりおの読書日記 ほか)/第4章 こどもの本をめぐって(赤ちゃんが生まれたら“ブックスタート”!/家庭はこどもが本を読む力を育むベース ほか)

著者情報

吹田 恭子
1948年、香川県生まれ。京都府立大学女子短期大学部国語学科卒業。出版社勤務、京都市学童保育所指導員を経て、1975年、夫とともに児童書専門店きりん館を開く。幼稚園、保育園、学校などで、こどもにとっての本という視点から講演することも多い。30代を頭に三人の娘がいる

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ