pagetop

本 「アメリカ覇権」という信仰 ドル暴落と日本の選択

ほしい!に追加 twitter
本-「アメリカ覇権」という信仰 ドル暴落と日本の選択
著者: E.トッド (著)
藤原書店編集部 (編)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
藤原書店
発行年月
2009年 07月
ISBNコード
9784894346949
版型
--
ページ数
244P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

E.トッド OFF
藤原書店編集部 OFF

内容紹介

忍び寄る、ドル暴落という破局。
危機の核心と中長期的展望を呈示する、気鋭の論者による「世界経済危機」論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 アメリカ覇権の崩壊―忍び寄るドル暴落という破局(「アメリカ覇権」という信仰―自由貿易主義からの脱却/ドル暴落は起こるのか?―金融危機と急速に膨張したFRBの資産/金融危機とFRBの歴史―アメリカは大恐慌から何を学んだのか?/金融危機とドル信認問題―ドル一極支配の行方)/2 金融資本主義の崩壊―経済を支えるのは信用である(金融資本主義の崩壊と経済構造の転換―エネルギーと食糧の重要性/恐慌の発生メカニズムとその後―カネとモノの乖離と原点回帰/金融資本主義の歴史分析―危機は宿命ではない/「信用」とは何か?―工学的に処理できない経済の主観的基盤/「銀行を救え!」という見せ物―誰にとっての「危機」なのか?/金融危機をマルクス恐慌論から読み解く―すべては現状分析から始まる)/3 将来を築くための価値観の転換―閉塞状況を打開する長期的ヴィジョン(金融の糾弾では見えない問題の本質―十年は続く長いトンネル/グローバリゼーションと金融危機の意味―長期の歴史から捉える/「経済」という観念自体の転換―ケインズの未来予測)

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ