pagetop

本 近代日本の社会科学と東アジア

ほしい!に追加 twitter
本-近代日本の社会科学と東アジア
著者: 武藤秀太郎 (著)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 藤原書店
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784894346833
版型 --
ページ数 262P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

武藤秀太郎 OFF

内容紹介

中国という「脅威」をめぐる日本の社会科学の屈折。
欧米社会科学の定着は、近代日本の世界認識から何を失わせたのか?田口卯吉、福澤諭吉から、福田徳三、河上肇、そして山田盛太郎、宇野弘蔵らに至るまで、その認織枠組みの変遷を「アジア」の位置付けという視点から追跡。
東アジア地域のダイナミズムが見失われていった過程を検証する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序論/第1部 自由交易主義経済論の史的根拠―中国への対抗としての「脱亜」 一八六〇‐八〇年代(東京築港構想の射程―田口卯吉の自由貿易論/「脱亜論」の位相―福澤諭吉と田口卯吉)/第2部 「社会」問題の顕在化と社会政策論―動揺する中国・朝鮮認識 一八八〇‐一九二〇年代(異端の大正デモクラシー―福田徳三と吉野作造/もう一つの『貧乏物語』―河上肇の国民経済論)/第3部 社会科学を独占するマルクス主義―「大東亜」との邂逅 一九二〇‐四〇年代(覆された「小農」の範疇―山田盛太郎の日中農業比較研究/戦後「社会科学」論の深層―宇野弘蔵と内田義彦)/結論

著者情報

武藤 秀太郎
1974年東京都生まれ。早稲田大学経済学研究科修士課程卒業。総合研究大学院大学文化科学研究科博士課程卒業。2005‐8年、日本学術振興会特別研究員(PD)。学術博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ