pagetop

本 清朝とは何か

ほしい!に追加 twitter
本-清朝とは何か
著者: 岡田英弘 (編)
宮脇淳子 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
藤原書店
シリーズ名
別冊環 16
発行年月
2009年 05月
ISBNコード
9784894346826
版型
--
ページ数
335P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岡田英弘 OFF
宮脇淳子 OFF

内容紹介

支配層であった満洲人の満洲語、そしてモンゴル語、漢語の三言語を公用語とした「大清」。
独自の「八旗」制度などの統治システムで広大な国土を領した大清帝国(1636~1912)の全体像を、チベット、ロシア、ヨーロッパはじめユーラシア全土との関わりの中で明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 清朝とは何か(大清帝国にいたる中国史概説―十三世紀に成立したモンゴル帝国から、大清帝国への流れをたどる/世界史のなかの大清帝国―世界史はモンゴル帝国から始まった/マンジュ国から大清帝国へ(その勃興と展開)―満洲の地域国家からユーラシア東方の世界帝国への歩み ほか)/2 清朝の支配体制(大清帝国の支配構造(マンジュ(満洲)王朝としての)―八旗制度を中核とする帝国統治のシステムをさぐる/「民族」の視点からみた大清帝国(清朝の帝国統治と蒙古・漢軍の旗人)―「多民族」混合の政権としての清朝の特徴とは?/大清帝国とジューンガル帝国―清朝が滅ぼした、モンゴル系遊牧民最後の帝国ジューンガルとは? ほか)/3 支配体制の外側から見た清朝(「近世化」論と清朝―十六~十七世紀の世界諸地域での「近世化」における清朝の位置は?/江戸時代知識人が理解した清朝―輸入漢籍を通して江戸時代の日本人が考えた清朝とは?/琉球から見た清朝(明清交替、三藩の乱、そして太平天国の乱)―明から清への交替期、琉球王国はどのように対応したか? ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ