pagetop

本 脱デフレの歴史分析 「政策レジーム」転換でたどる近代日本

ほしい!に追加 twitter
本-脱デフレの歴史分析 「政策レジーム」転換でたどる近代日本
著者: 安達誠司 (著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 藤原書店
発行年月 2006年 05月
ISBNコード 9784894345164
版型 --
ページ数 317P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安達誠司 OFF

内容紹介

明治維新から第二次世界大戦まで、経済・外交における失政の連続により戦争への道に追い込まれ、国家の崩壊を招いた日本の軌跡を綿密に分析、「平成大停滞」以後に向けた日本の針路を鮮やかに呈示する野心作!第1回「河上肇賞」受賞作品。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 「レジーム間競争」とは何か?(基本コンセプトとしての「政策レジーム」の重要性)/第2部 近代日本のレジーム間競争(政策レジーム模索の過程―明治維新から松方財政まで/「金解禁」を巡る政策レジーム間競争の過程/「小日本主義レジーム」によるデフレ脱出過程とその「擬似性」/「大東亜共栄圏レジーム」の台頭)/第3部 レジーム間競争の「場」としての通貨問題(後期松方財政はなぜ、政策レジームの転換に成功したのか/レジーム間競争の「場」としての「金解禁論争」/「“擬似”小日本主義レジーム」への転換と昭和恐慌からの脱出/「大東亜共栄圏レジーム」への転換過程における通貨システム選択の失敗)/第4部 「レジーム間競争」の歴史の教訓から何を学ぶか?―現代日本へのインプリケーション(「円の足枷」と平成大停滞)

著者情報

安達 誠司
1965年生まれ。ドイツ証券会社経済調査部シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。大和総研経済調査部、クレディスイスファーストボストン証券経済調査部などを経て現職にいたる。専門はマクロ経済、金融、デフレ史、日本経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ