pagetop

本 〈主体〉の世界遍歴(ユリシーズ) 八千年の人類文明はどこへ行くか 2

ほしい!に追加 twitter
本-〈主体〉の世界遍歴(ユリシーズ) 八千年の人類文明はどこへ行くか 2
著者: いいだもも (著)
定価 ¥9,072(税込)
BOOKFANポイント: 420 pt
or
Tポイント: 252 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 藤原書店
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784894344853
版型 --
ページ数 P886~1786
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

〈主体〉の世界遍歴(ユリシーズ) 八千年の人類文明はどこへ行くか OFF
いいだもも OFF

内容紹介

“いま・ここ”から人類文明史の真理を開示する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

2部 東西文明の交差する“主体の世界遍歴”へ(承前)(地中海世界の青銅器時代から鉄器時代への遷移/古典古代ギリシア文化の原点)/3部 古典古代ギリシアから始める、ギリシア神話から始まる(ギリシア神話の発祥から、ゼウスの世界三分割へ/叙事詩遍歴とゼウス主神の白い世界三分割、ならびに黒いルーツのエティオピア人)/4部 ポリス的動物の視覚的イマーゴ(心像)はいかにして形成されたのか?(古代的“生”を生きるギリシア的実存の“観照”/共同体と“英雄”の時代における古オリエントと古典古代ギリシア ほか)/5部 運命が織りなしたアテネ民主制の起源から終末まで(運命が織りなしてゆく古代ギリシア社会史の転変/アテネ民主主義の日常宗教生活とエーゲ海上の内外関係 ほか)/6部 アテネ民主主義の衰亡は、カイロネイアの敗北で決定的となる(ポリス国家の軍事問題から疎外現象まで/古典古代ギリシアの明るい闇 ほか)

著者情報

いいだ もも
本名・飯田桃。1926年東京生まれ。作家、批評家、そして活動家。東京大学法学部卒。日銀を退職後、地域と東京でさまざまな政治・文化活動に従事する。60年代には新左翼諸派の統一をめざす共労党を結成、また「べ平連」を創立するなど、各種の反戦・市民運動に積極的に関与する。以後今日に至るまで、つねに現代文明と資本主義をその思想的根底から問い直す、多彩な言論・評論活動をつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ