pagetop

本 有明海はなぜ荒廃したのか 諌早干拓かノリ養殖か

ほしい!に追加 twitter
本-有明海はなぜ荒廃したのか 諌早干拓かノリ養殖か
著者: 江刺洋司 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 藤原書店
発行年月 2003年 11月
ISBNコード 9784894343641
版型 --
ページ数 269P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

江刺洋司 OFF

内容紹介

「生物多様性保全条約」を起草した環境科学の国際的第一人者が、政・官・業界・マスコミ・学界一体の驚くべき真相を抉り、対応策を緊急提言。
生命活動の基本を見すえた、「海のいのちをめぐる一般理論」から、いま、有明海のみならず全国の海で起こっている事態に警鐘を鳴らす問題作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 有明海荒廃の真因はノリの養殖法にあった(民主的立法を阻害する「委員会・審議会」制度/科学的分析力を欠く水産庁選定の第三者委員会 ほか)/第2章 ノリの不作と有機酸処理の深い関係(第三者委員会における第一回会議での酸処理剤検討がその後を決めた/干潟の機能の正しい理解こそが希少生物の絶滅を防ぐ ほか)/第3章 生物の生きる仕組みから考える有明海問題―有明海を死に追いやる硫化水素(諌早干拓開始のはるか以前にさかのぼる有明海荒廃の序曲/有明海に生きる動物を死に追い込んだ真の原因は硫化水素であった ほか)/終章(マスコミと有明海問題/有明海疲弊のシナリオ ほか)

著者情報

江刺 洋司
1933年、宮城県仙台市生まれ。東北大学理学部生物学科卒業。同大学理学研究科博士課程修了。東北大学教養部教授を経て、理学部に環境生物学講座を開設。同講座初代教授を務めたのち、1996年停年退官。東北大学名誉教授。1992年「生物多様性保全条約」の起草に参加。現在、日本樹木種子研究所所長。理学博士。植物生理学専攻

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ