pagetop

本 フォーレの歌曲とフランス近代の詩人たち

ほしい!に追加 twitter
本-フォーレの歌曲とフランス近代の詩人たち
著者: 金原礼子 (著)
定価 ¥9,504(税込)
BOOKFANポイント: 88 pt
or
Tポイント: 88 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
藤原書店
発行年月
2002年 02月
ISBNコード
9784894342705
版型
--
ページ数
622P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

金原礼子 OFF

内容紹介

演奏と文学研究を長く行なってきた著者が、フォーレの歌曲成立の背景を探るために、中世から近代までの音楽と文学の関わり方、フォーレが作曲した詩人の他の作曲家による作曲状況、フォーレの作曲上の変化、十九世紀という時代、楽器の発達、現代音楽とのつながりなど広範なテーマを徹底的に検証した結果として成立した、積年の労作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ロマン派の詩人たち/ルコント・ド・リルとボードレール/高踏派の詩人たち/シルヴェストル/象徴派とその周辺の詩人たち/ヴェルレーヌ/ヴァン・レルベルグ/ド・ブリモン男爵夫人/ド・ラ・ヴィル・ド・ミルモン

著者情報

金原 礼子
中央大学仏文科卒業。東京教育大学(現・筑波大学)大学院修士課程修了。同博士課程単位取得退学。1967~71年フランス政府給費生(仏文学)として、トゥルーズ大学及び、ブザンソン大学に留学。同時にブザンソン市立音楽院声楽科に在学し、J.ジョリ氏に師事。以後、フランス文学の研究と同時に、フランス歌曲を河本喜介、後藤寿子の各氏、ベルカントを浦野りせ子氏に、和声を足本憲治氏に師事する。フランス文学と音楽の研究と同時に、フランス音楽の演奏活動を行っている。フランス詩と音楽に関する著作が多い。1977年フランス音楽コンクール入選(フランス総領事賞)。1979年11月デビュー・リサイタルより2001年までに11回のリサイタルを開催。1992年~98年筑波大学公開講座『フランス詩と音楽』企画・出演。文学博士(ブザンソン大学)、博士・学術(東京大学)。筑波大学現代語・現代文化学系教授。日本フランス語・フランス文学会、日本クローデル研究会、Soci´et´e Paul Claudel(フランス)、日本フォーレ協会、日本音楽舞踊会議、全日本演奏家協会会員
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ