pagetop

本 アフター・リベラリズム 近代世界システムを支えたイデオロギーの終焉

ほしい!に追加 twitter
本-アフター・リベラリズム 近代世界システムを支えたイデオロギーの終焉
著者: I.ウォーラーステイン (著)
松岡利道 (訳)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 藤原書店
発行年月 2000年 05月
ISBNコード 9784894341777
版型 --
ページ数 437P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

I.ウォーラーステイン OFF
松岡利道 OFF

内容紹介

本書では、1989年を、1789年から1989年に至る時代の終わりとして見なす方がより有益である、ということを論じるつもりである。
1789年から1989年に至る時代は、近代世界システムの地球的規模におけるイデオロギー―著者のいう地政文化geoculture―であるリベラリズムが、勝利しかつ崩壊した時代であり、興隆し最後には消滅した時代である。
このように考えれば、1989年という年は、フランス革命のスローガンが不可避的な歴史的真実を反映しており、現在あるいは近い将来において実現されるようになると多くの人々によって考えられていた政治的・文化的時代―目を見張るような科学技術的成果のあった時代―の終わりをなす年であるといえるだろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 1990年代とその後―再構築可能か(冷戦と第三世界―古き良き時代なのか/平和、安定、正統性―1990年から2025/50年まで ほか)/2 リベラル・イデオロギーの構築と勝利(三つのイデオロギーか一つのイデオロギーか―近代性をめぐる似非論争/リベラリズムと国民国家の正統化―ひとつの歴史的解釈 ほか)/3 リベラルの歴史的ジレンマ(どの近代性の終焉なのか/リベラリズムの克服不可能な諸矛盾―近代世界システムの地政文化の視点から見た人権と民族の権利)/4 社会主義の死滅か、瀕死の資本主義か(転換の戦略・戦術としての革命/共産主義崩壊後のマルクス主義 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ