pagetop

本 超鋼女セーラ ユメミル絡繰り、恋するタタカイ

ほしい!に追加 twitter
本-超鋼女セーラ ユメミル絡繰り、恋するタタカイ
著者: 寺田とものり (著)
定価 ¥689(税込)
BOOKFANポイント: 31 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ホビージャパン
シリーズ名
HJ文庫 て01-01-11
発行年月
2010年 01月
ISBNコード
9784894259850
版型
--
ページ数
285P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

寺田とものり OFF

内容紹介

誇り高き超鋼女、泉秋院ラヴィニアは、若草の四姉妹がひとり、ジョオに殺害された。
セーラはただ悲嘆にくれるのみ。
あれだけ大好きな茸味さえ、ラヴィニアの死のショックで拒絶してしまう。
茸味はラヴィニアが生きていると信じ、セーラのために自ら行動を起こす。
超鋼機武闘会ではセーラが前衛で戦った。
今度は茸味が戦う番だ!頑張れ、男の子。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: DSK 投稿日:2010/04/07

ラヴィを失った悲しみをどう乗り…

ラヴィを失った悲しみをどう乗り越えるかが焦点となる本巻だったが、悲しみに暮れながらも逞しく行動を始めるみんなの姿が前半に描かれている。一見バラバラなようでいて、それぞれがそれぞれの精一杯で自分のやれることを模索、即実行に移していく姿が、悲痛な重苦しさの中に僅かな光明を見出だす期待感を持たせる。これが後半で様々な形で結実して絶妙なスパイスを効かせるのだが、そんな応援したくなる展開にあって1人だけ動かない、動けない人がいる。あまりのショックを受けての引きこもりなのだが、それが単にラヴィのことだけではない複雑さを醸すものの、さすがに「いつまでもくよくよしてちゃダメでしょ?」と叱責混じりの笑顔で励ましたくなる。だって、余りにも自分を卑下し過ぎなんだもの。しかし、これは茸味クンの仕事。その茸味は茸味で方々を駆けずり回って頑張るのだが、彼女の心を動かす原動力となったのは、意外な展開で“自らの意志”を示した「執事」の、涙を誘う健気で一途な忠臣振りだったりする。ここからラヴィニアの清く美しい“本音”を彼女が知ることになる。最期の言葉などは本当に胸を打つ。最初から良い娘だったけど、ここにきてラヴィの株は上がりっ放しである。そして、茸味に対する本当の気持ちも知るところとなって彼女が動く。溢れる想いを胸に自室を飛び出すとそこには……という、中盤にしてなかなかニクいクライマックスである。

後半は、大した意味を見出せなかった超鋼機武闘会(スティールアーツ)に確たる目的を持った茸味とセーラのバトルの行く末が綴られ、本戦出場を賭けた最後の戦いでは思わぬ強敵とあたることにもなる。実は本戦で倒すべき相手と茸味は本巻内で邂逅しているのだが、この「娘」にも自己が芽生えて面白いことになっている。そして、最後の最後にもっと面白いことが起きている。セーラの「知識」が如何ほどのものか楽しみである。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

わたしを離さないで

カズオ・イシグロ(著)


サラバ! 上

西加奈子(著)


サラバ! 中

西加奈子(著)


ランキング一覧へ