pagetop

本 インド仏教はなぜ亡んだのか イスラム史料からの考察

ほしい!に追加 twitter
本-インド仏教はなぜ亡んだのか イスラム史料からの考察
著者: 保坂俊司 (著)
定価 ¥2,268(税込)
BOOKFANポイント: 105 pt
or
Tポイント: 63 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 北樹出版
発行年月 2004年 05月
ISBNコード 9784893849625
版型 --
ページ数 206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

保坂俊司 OFF

内容紹介

本書は、インド仏教の衰亡をメインテーマに据えたおそらく世界最初、少なくともわが国においては最初の書物である。
ではなぜ仏教はインドの地で衰亡してしまったのであろうか。
この問いは、不思議と日本はおろか、世界でも真剣に検討されてこなかった。
本書はこの問いに真正面から取り組んだ著者十数年間の苦闘の成果である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 宗教とは何か/第2章 インド仏教衰亡説の検証/第3章 イスラム史料『チャチュ・ナーマ』とは/第4章 『大唐西域記』と『チャチュ・ナーマ』の対照研究/第5章 西インド社会と仏教/第6章 イスラム教のインド征服と仏教/第7章 最初期のインドのイスラム教/第8章 他地域における仏教の衰亡/第9章 比較文明論からの考察/第10章 社会変革の手段としての改宗/第11章 アメリカの社会と宗教/第12章 結論

著者情報

保坂 俊司
1956年群馬県渋川市出身。早稲田大学大学院文学研究科修了。現在、麗沢大学国際経済学部教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、財団法人東方研究会・東方学院講師、財団法人モラロジー研究所研究員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ