pagetop

本 できれば晴れた日に 自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い

ほしい!に追加 twitter
本-できれば晴れた日に 自らの癌と闘った医師とそれを支えた主治医たちの思い
著者: 板橋繁 (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 へるす出版
シリーズ名 へるす出版新書 007
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784892696756
版型 --
ページ数 270P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

板橋繁 OFF

内容紹介

本書は、単なる「40代半ばの働き盛りの医師が、三人の息子と妻を遺し逝った、壮絶な癌闘病記」ではない。
再発後、板橋医師は自らの日記を振り返り、思いや感想を書き加えた。
板橋医師の没後、支えつづけた医師たちが、闘病記を読み解き、思いや苦悩を追記した。
…運命の幸不幸の解釈も拒絶して動じない、一筋の硬質な軌跡を目の当たりにして、私はまたも語るべき言葉を失う…。
自らの癌と闘う医師、それを支えた医師たち。
心の深奥に触れる言葉の数々が綴られている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 再発/2 発症/3 手術/4 化学療法/5 最後の闘い

著者情報

板橋 繁
1985年3月東北大学医学部卒業、同年4月東北大学医学部第1内科(研修医)、同年6月岩手県立胆沢病院内科(研修医)、1988年5月東北大学医学部附属病院老年科医員、1989年5月同助手(1992年7月~1994年11月ブリティッシュ・コロンビア大学セント・ポール病院留学)、1998年1月塩竈市立病院呼吸器科長、1999年6月同部長、2002年4月塩竈市立病院内科部長、2004年11月みやぎ県南中核病院呼吸器内科部長。2005年2月胃癌告知、2005年3月胃亜全摘手術、同年4月北化学療法開始、2007年3月胃癌腹膜転移(癌性腹膜炎)、2007年9月12日、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ