pagetop

本 文化の社会学 記憶・メディア・身体

ほしい!に追加 twitter
本-文化の社会学 記憶・メディア・身体
著者: 大野道邦 (編著)
小川伸彦 (編著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文理閣
発行年月 2009年 03月
ISBNコード 9784892595868
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大野道邦 OFF
小川伸彦 OFF

内容紹介

社会学は「文化」をいかにとらえるのか。
解読のための“パラダイム”をまず呈示し、能・歌舞伎、死者と記憶、組織とシンボル、マンガ生産、障害者介助、女性のホモソーシャル関係、ロシアのユースカルチャー、北アイルランドの文化的境界などのテーマで文化と社会のダイナミックスに迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 伝統と記憶としての文化(能―記憶と文化的価値/歌舞伎―その諸相と構造/宝物・国宝・文化財―モノと象徴のポリティクス/ポエティクス/死者と記憶―震災を想起させる時間、空間、そして映像について)/第2部 社会のなかの文化(「大衆の道徳」の可能性―M・モースの道徳論とハイブリッドモダンへの視点/現代組織における文化とシンボル/文化の境界―北アイルランドにおける文化理解の可能性をめぐって)/第3部 市場のなかの文化(消費社会と消費文化―「女の系譜」のゆくえ/マンガ生産の文化―社会的関係としてのマンガ生産が孕む「過剰さ」の意味/ユースカルチャー ファーストフード マンガ―ロシアの文化事情)/第4部 身体と文化(「介助者は、障害者の手足」という思想―身体の社会学からの一試論/現代社会における自己形成と身体―ゴッフマンのフレーム論をもとに/女性のホモソーシャルな欲望の行方―二次創作「やおい」についての一考察)

著者情報

大野 道邦
1941年生まれ。大阪大学大学院文学研究科修士課程社会学専攻修了、神戸大学、奈良女子大学を経て、京都橘大学現代ビジネス学部教授。研究テーマは文化社会学、社会学理論、日本文化論
小川 伸彦
1962年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、京都大学文学部助手等を経て、奈良女子大学文学部准教授。研究テーマは文化社会学、文化遺産論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ