pagetop

本 ベトナム戦争におけるエージェントオレンジ 歴史と影響

ほしい!に追加 twitter
本-ベトナム戦争におけるエージェントオレンジ 歴史と影響
著者: レ・カオ・ダイ (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文理閣
発行年月 2004年 04月
ISBNコード 9784892594564
版型 --
ページ数 145P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

レ・カオ・ダイ OFF

内容紹介

ベトナムに、表面からは捉えにくい戦争の傷跡が深く残されている。
米軍が1961年から1971年までの間に行なった、枯葉作戦によるダイオキシン汚染である。
散布主剤であったエージェント・オレンジは有機塩素系除草剤2,4,5‐Tと2,4‐Dの混合液。
2,4,5‐Tの中には高濃度のダイオキシンが不純物として混入していた。
枯葉剤そのものは散布後まもなく環境中で分解してゆく。
だがダイオキシンだけは残った。
作戦のターゲットはマングローブや内陸の熱帯雨林だけではない。
解放勢力への食糧補給を絶つために田園地帯への散布を行ない、収穫前の作物を枯らしている。
当時、ベトナムの地上にいた解放側の兵士や農民たちは、直接間接に枯葉剤を浴びただけでなく、汚染水を飲み続け、汚染穀物も食べ続けたのであった。
人体の中に入って脂肪組織に蓄積したダイオキシンは容易に排出されない。
被害は次世代にまで及ぶこととなった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ベトナム戦争における米軍による化学兵器使用の歴史概観/第2章 ベトナムにおける化学戦争/第3章 ダイオキシンおよび関連する化学物質/第4章 自然環境に及ぼす化学戦争の影響/第5章 土壌・食物・人体組織中のダイオキシン分析の結果/第6章 人体の健康におよぼす化学戦争の影響/第7章 化学戦争の被害への取り組み

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ