pagetop

本 施設解体宣言から、福祉改革へ 障害をもつ人への支援も介護保険で

ほしい!に追加 twitter
本-施設解体宣言から、福祉改革へ 障害をもつ人への支援も介護保険で
著者: 田島良昭 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ぶどう社
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784892401749
版型 --
ページ数 159P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田島良昭 OFF

内容紹介

なぜ、入所施設から地域への移行を進めるのか。
なぜ、支援費ではうまくいかないのか。
なぜ、障害福祉を介護保険に統合するのか。
今、一番知りたいことに、明快に答える。
これからは、規制緩和をして、利用者が求めるサービスを自由に提供でき、利用者が自由にサービスを選べる仕組みにしよう。
福祉改革への道を、わかりやすく解き明かす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 愛する人と暮らす/2章 施設改革への出発/3章 「施設解体宣言」へ/4章 基礎構造改革―行政権限とお金の仕組みを変える/5章 支援費から介護保険へ/6章 新しい福祉への期待/終章 私の活動の原点

著者情報

田島 良昭
社会福祉法人宮城県福祉事業団理事長、社会福祉法人南高愛隣会理事長。1945年1月、長崎県島原市に生まれる。3歳の頃より18歳で上京するまでの大部分を、祖母ふみに育てられる。幼・小・中・高と、柔道と剣道に熱中。1969年、法政大学法学部を卒業。以来、政治家見習いに熱中。1974年、政治家への道をあきらめ、障害福祉の現場での活動家をめざす。1977年、社会福祉法人南高愛隣会を設立。理事長。1978年、知的障害者授産施設・雲仙愛隣牧場を開設。施設長。家族を連れて施設に住み込む。現場の活動に熱中。1981年、知的障害者更生施設・コロニー雲仙更生寮を開設。総合施設長。同時に、福祉ホーム・有明荘を開設。妻ツヤ子が管理人、私は居候。天職を見つけた思いがする。この頃から、障害者雇用、能力開発に取り組む。1986年、第3セクター職業訓練法人・長崎能力開発センターを開設。理事長。1993年、宮城県福祉事業団副理事長に転身。長崎県から宮城県へ移り住む。1996年、宮城県福祉事業団理事長に就任。2003年、同退任。2004年、同再就任

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ