pagetop

本 なぜあらそうの?

ほしい!に追加 twitter
本-なぜあらそうの?
著者: ニコライ・ポポフ (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
BL出版
発行年月
2000年 07月
ISBNコード
9784892387678
版型
--
ページ数
1冊
平均評価
(4)
: 1件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ニコライ・ポポフ OFF

内容紹介

1ぴきのカエルが、1本の美しい花を手にしていました。
そこへ1ぴきのネズミがやってきてその花をうばいました。
なぜ?次に、2ひきのカエルがくわわってネズミを追いはらい、手あたりしだいに花をつみはじめました。
なぜ?すると今度は、ネズミたちがもっとひどい暴力で仕返しをしました。
そして、あらそいは続いたのです―。
本書は、子どもたちや、すべての大人たちにさまざまな疑問をなげかける、文字のない絵本です。
なぜあらそいはおこるのか、なぜあらそいはやまないのか、そして最後に何が残るのか、考えてみてください。
1996年ベルギー児童図書評論賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

ニコライ・ポポフ
1938年ロシアのサラトフに生まれる。外科医の父から絵を描くことを、母から音楽や詩に親しむことを教わる。10代半ばから本格的に絵画を学び始め、1962年モスクワ印刷大学を卒業。1964年より国内外の文学作品のライストで活躍する。1975年『ロビンソン・クルーソー』さし絵でBIB世界絵本原画展グランプリを受賞。本書は1996年ベルギー児童図書評論賞に選ばれている

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: Aoki 投稿日:2015/07/10

争い…傍から見れば些細な事が発端なのだが。

文字のない絵本ですが、花の咲く長閑な草原が頁をめくるたびに様相を変えていく。草一つない荒廃した地に。

内容は当サイトの内容紹介にある通り、カエルが手にしていた一本の花をネズミが奪った事に端を発し双方の争いが始まる。ページ毎に「あなたはこの場面を見て、何を考え、どう思う?」と問いかけてくる。カエルにもネズミの立場にも成り得る私たちに、一場面一場面に立ち止まり、あなたの心を探ってみよと。


「元はと言えばネズミが花を奪ったからいけないんだ!」 そんな幼稚な応答では済まされない深い語りかけに肺腑を抉られる。悲しいかな、問いかけに凛とした応答ができない自分をあらためて情けなく思う。人は大きな岩につまずかない。小さな石ころにつまずくのだ。そう、争いは往々にして些細な事柄が発端となり、多くの者を巻き添えにする。そんな石ころにならぬように自戒しながら、もう一度、絵本の語りかけと向き合ってみようと思う。

ニックネーム: hi2515 投稿日:2015/07/07

文字のない考えさせる絵本

ロシア出身の作者が、自分の戦争体験を踏まえて表現した作品です。


うららかな森の木株に花を持ちのんびりと過ごすカエル君。


そこへ一匹のネズミがやって来て、花も木株も奪われてしまいます。


ボー然とするカエル君はお手上げ状態だけど、そこにカエル君やネズミ君の仲間が加わって暴力は段々とエスカレートしてゆきます。


のどかだった森が焦土と化し、ちょっとしたきっかけで始まった争いが収拾できぬ始末になってゆきます。


なぜ?なぜ?なぜ?とそれそれがそれぞれの行いに歯止めがかからなくなって行く。


勇気を持とうね! 自分の行為がどちらに向いているのか分からなくなった時に立ち止まって、謝ったり、意見をしたり・・・


読み手がみーんなで考える良書だと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ