pagetop

本 もはやSFではない無人機とロボット兵器 エコ軍備の最前線

ほしい!に追加 twitter
本-もはやSFではない無人機とロボット兵器 エコ軍備の最前線
著者: 兵頭二十八 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 並木書房
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784890632510
版型 --
ページ数 202P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

兵頭二十八 OFF

内容紹介

米軍の「ロボット化」はおそるべき勢いで進展中だ。
各種航空機の無乗員化に続いて、補給用トラックの無人運転もまもなく始まる。
米国の車両技術はもはやビッグ3ではなくて、大小の軍需企業が建て直しつつあるのだ。
こうした戦場ロボットのノウハウが民間利用されると、日本のメーカーは多額のソフト使用料を、米国の軍需企業に支払わなければならなくなる。
しかるに日本の政治家、官僚、マスコミ、軍事オタクには、この危機感がまったく無い。
日本はすでに諸外国のロボット兵器開発からトラック何周分も遅れている。
その最先端事情を手際よく紹介し、警鐘を乱打する。
あわせて米軍が本気で「省エネ」に取り組み始めていることについても、読者の注意を促す。
戦前の「航空用ディーゼル・エンジン」の歴史を振り返り、地上用ロボット兵器の心臓として「ミニ・ディーゼル」がブレークした場合に、この分野を軽視してきた日本メーカーは、モノづくりでも敗退する畏れがあることを、本書は警告する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 ロボット軍時代の国際法はどうなる?/第1章 海洋戦闘のロボット化(武装無人ヘリの必要性と有効性/初期の無人ヘリ「DASH」の目的と開発経緯/「DASH」運用の実際と、それが教えてくれたこと ほか)/第2章 空対地作戦のロボット化(B‐17を改造した無人特攻機「BQ‐7」/B‐2やF‐22の後継機は、プラスチック製の無人機か?/どの国も真似できない巨鳥「グローバルホーク」 ほか)/第3章 地上戦闘はどう変わるか?(迫撃砲の砲側員がまずロボット化されるだろう/陸自はGPSにどこまで頼るかを早急に決める必要がある/車両の火力自衛システム ほか)

著者情報

兵頭 二十八
1960年長野市生まれ。高卒後、北海道の陸上自衛隊に2年間勤務し、1990年、東京工業大学理工学研究科社会工学専攻博士前期課程修了。現在は評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ