pagetop

本 モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン 新装版
著者: ジューン・ローズ (著)
宮下規久朗 (訳)
橋本啓子 (訳)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 西村書店
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784890136100
版型 --
ページ数 334P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジューン・ローズ OFF
宮下規久朗 OFF
橋本啓子 OFF

内容紹介

モンマルトルからモンパルナスへ。
ピカソ、シャガール、スーティン、キスリング、藤田嗣治。
そして、最愛の妻ジャンヌとの出会い。
謎に包まれた人生を家族、知人の証言から読み解いた、パリの異邦人・画家モディリアーニ伝記の決定版。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 家族の絆―「父は彼をボッティチェリと呼んだ」/第2章 旅からの霊感―「風景を観照する習慣は僕に一大変革をもたらしてくれた」/第3章 パリでの苛立ち―「ついに正しい道をみつけたぞ」/第4章 モンマルトルからモンパルナスへ―「彼は恐るべき衝動に駆られて彫刻を作っていた」/第5章 大戦下のパリでの出会い―ピカソは評した。「モディリアーニ―酔っ払い」/第6章 窮之生活の中で―自画像に添えて「彼は開花するだろうか」/第7章 モディリアーニの成功を夢見る男―「彼のような画家がカフェテラスで作品を売らねばならないとは」/第8章 南フランスで迎えた終戦―「僕の場合、目の前に人がいないと描けない」/第9章 戦後のパリ、最後の制作活動―未完成作品のための素描に添えて「ここから新しい人生が始まる」/第10章 モディリアーニ神話とその後―「妻が来てくれたら、僕は天国で最愛のモデルが手に入れられる」

著者情報

ジューン・ローズ
若い頃イスラエルでジャーナリストとして働いていた時にモディリアーニの描いた肖像画を見て、モディリアーニに興味をもった。その後、フランス、イタリアへと渡り、まだ存命中だったモディリアーニの関係者や友人たちと会って彼についての資料を収集する。主な著作に、エリザベス・フライの伝記、女性に変装して軍医として活躍したジェイムズ・ベイリーの伝記などがある
宮下 規久朗
1963年生まれ。東京大学文学部卒、同大学院修了。神戸大学文学部助教授。イタリア美術史専攻
橋本 啓子
1964年生まれ。慶応義塾大学文学部卒、英国イースト・アングリア大学大学院修了。東京都現代美術館学芸員。西洋工芸・デザイン史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ