pagetop

本 他者・眼差し・語り アメリカ文学再読

ほしい!に追加 twitter
本-他者・眼差し・語り アメリカ文学再読
著者: 吉田廸子 (編著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 南雲堂フェニックス
発行年月 2005年 04月
ISBNコード 9784888963510
版型 --
ページ数 305P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田廸子 OFF

内容紹介

現代ほどあらゆるレベルで主体と他者との関係が問題にされ、他者への豊かな想像力、相互対話に基づく新しい関係性の創造が求められている時代はない。
多文化・多民族社会アメリカにおける文学的営みは、他者への意識を様々な形で織り込み、問題化するテクストを生み出してきた。
本書は、それらのテクストのいくつかを「他者」「眼差し」「語り」をキー・ワードに再検証し、人種・民族、ジェンダー、階級、セクシュアリティ、環境などが複雑に交差する問題系を考察する。
これまでの研究・批評の蓄積を踏まえたテクストの最新の読みを、共有するキー・ワードを使ってわかりやすく提示し、それらを時代の流れに沿って配置している。
読者は、歴史的なパースペクティヴのうちにそれぞれの問題が響き合い、変容するさまを読み取ることができるであろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 沈黙から対話へ―南部文学における眼差しと語りに関する一考察/第2章 アメリカ文学に見られる自然への眼差しについてのスケッチ/第3章 「愛」という名の罠―ホーソーンの『七破風の屋敷』について/第4章 見える愛国者/見えない水夫/見られる他者―『レッドバーン』と『ホワイトジャケット』における黒人表象/第5章 都市のアポカリプス―ポピュリズム、陰謀、ディストピア/第6章 都市という暗黒大陸―『南回帰線』における移民・貧民あるいは「不適格者」達/第7章 眼差しとパフォーマンス―ネラ・ラーセン作品における流動するアイデンティティ/第8章 自足的なお伽の世界の魅力と限界―ユードラ・ウェルティの『デルタの結婚式』論/第9章 他者の記憶を語ること―ヒサエ・ヤマモトの「フォンタナの火事」にみる人種差別と語りのポリティクス

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


ランキング一覧へ