pagetop

本 遺伝子と行動 ミュータントマウスの作製と行動変異の探究

ほしい!に追加 twitter
本-遺伝子と行動 ミュータントマウスの作製と行動変異の探究
著者: 山田一之 (編)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ナカニシヤ出版
発行年月 2003年 11月
ISBNコード 9784888488150
版型 --
ページ数 133P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山田一之 OFF

内容紹介

行動の分子遺伝学的基盤に迫る研究の最前線からのホットな話題提供と新たな学際的行動研究の提言。
遺伝子改変動物の作製、行動解析、そしてモデル動物としての利用が、高次脳機能の解明と疾患治療に新たな道を開く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

行動研究の新たな潮流:遺伝子改変動物/第1章 遺伝子改変動物を作る(トランスジェニックマウスとノックアウトマウスの作製/条件変異マウスの作製/ENUランダムミュータジェネシス)/第2章 遺伝子改変動物の行動を調べる(ノックアウトマウス・トランスジェニックマウスの行動解析―行動評価系の構築/ENUミュータントマウスの行動解析)/第3章 遺伝子改変動物の利用(1)行動の脳機能解明への適用―分子行動科学の展開(転写因子と記憶―CREB遺伝子変異動物を用いた研究/社会行動と攻撃行動のメカニズム)/第4章 遺伝子改変動物の利用(2)疾患モデル動物の開発と治療法開発への適用(肥満・摂食障害モデルマウスの開発―ボンベシン受容体遺伝子欠損マウス/痴呆モデルマウスの開発―ヒト変異型タウ・Tgマウス)/遺伝子改変動物を用いた行動研究:心理学者の果たす役割

著者情報

山田 一之
理化学研究所脳科学総合研究センター先端技術開発グループ/リサーチリソースセンター研究員。東京大学文学部卒、博士(人間科学)。専攻=実験心理学(動物心理学)、分子行動科学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ