pagetop

本 コミュニケーション学入門 心理・言語・ビジネス

ほしい!に追加 twitter
本-コミュニケーション学入門 心理・言語・ビジネス
著者: 植村勝彦 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ナカニシヤ出版
発行年月 2000年 04月
ISBNコード 9784888485364
版型 --
ページ数 207P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

植村勝彦 OFF

内容紹介

本書ではコミュニケーション現象を心理学、言語学、ビジネス学の観点から切り取ることを試みた。
まず心理学の立場からは、心理学の中でも社会心理学、とくに対人行動論の観点からコミュニケーション現象を取り上げる。
自己開示、自己提示、要請と承諾、非言語コミュニケーションといった対人行動の過程で注目を集めているテーマを扱っている。
言語学からは、言語や文化の異なるもの同士が相互に伝達を図り、交流しようとする場合に生じるさまざまな問題について、言語特有の発想や文化のもつ価値観、さらに言語教育・政策までを比較対照しながら考察する。
ビジネス学からは、職場の活性化、人材育成、企業経営、国際ビジネスとの関連で、コミュニケーションの果たす機能と役割を論じている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1部 コミュニケーションの心理(ありのままの自分を知らせるコミュニケーション:自己開示/自分を演出するコミュニケーション:自己呈示/対人交渉のコミュニケーション:要請と承諾/言葉によらないコミュニケーション非言語コミュニケーション)/2部 言語とコミュニケーション(言語と思考/言語と社会/言語と教育/言語と文化)/3部 ビジネスとコミュニケーション(職場の活性化とコミュニケーション/職場における人材育成とコミュニケーション/企業経営のコンセプトの変化とコミュニケーション/国際ビジネスの場におけるコミュニケーション)

著者情報

植村 勝彦
1942年生。大阪大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程中退。現職、愛知淑徳大学コミュニケーション学部教授。主要著書にDuffy & Wong「コミュニティ心理学」(監訳)ナカニシヤ出版1999。「人間の社会行動」(共著)ナカニシヤ出版1994。「人間とコミュニケーション」(共著)ナカニシヤ出版1990

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ