pagetop

本 消費者から情報社会を考える 生活サービス情報の評価システムの構築をめざして

ほしい!に追加 twitter
本-消費者から情報社会を考える 生活サービス情報の評価システムの構築をめざして
著者: 岩瀬忠篤 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 大学教育出版
発行年月 2004年 04月
ISBNコード 9784887305618
版型 --
ページ数 119P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岩瀬忠篤 OFF

内容紹介

21世紀の始まりとともに、日本も本格的な「情報社会」に踏み込みつつある。
これまでの「工業社会」において世界史的にみても大成功を収めた日本が、この情報社会をいかに生き、新しい時代を築いていくのかが今問われている。
生産面、産業面を中心に進んできた日本の情報化の進展は、20世紀から21世紀にかけての数年間に、消費者の視点からみても、日本の経済社会に大きな転換点を与えたことは間違いないであろう。
特に、インターネットに代表される情報通信技術(IT技術)の発達・普及により、後戻りのできない大きな変化が、個々人の消費面、生活面に生じている。
加えて、急速なグローバル化や少子高齢化が進む中で、経済構造、産業構造、消費構造、地域構造、生活時間構造、個々人のライフスタイルや価値観が大きく変化してきている。
本書では、こうした大転換期の中で、消費者の視点から改めて情報社会の現状と課題について考えてみたい。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 情報社会が変える日本の消費者経済/第1章 情報社会をどう考えるか/第2章 情報と消費者行動/第3章 消費者からみた情報社会/第4章 生活サービス情報の提供と評価/第5章 消費者主権の情報社会と消費者経済/資料編

著者情報

岩瀬 忠篤
1959年千葉県生まれ。1982年筑波大学第三学群社会工学類卒業。同年経済企画庁(現内閣府)入庁。同国民生活局消費者行政第一課課長補佐、シンガポール東南アジア研究所(ISEAS)客員研究員、経済企画庁物価局物価政策課課長補佐、総合研究開発機構(NIRA)主任研究員、経済企画庁総合計画局計画企画官、同広報室長、国民生活センター企画広報課長などを経て、2002年8月より千葉大学法経学部総合政策学科助教授。専門は消費者経済論など

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ