pagetop

本 アウシュヴィッツを越えて 少女アナの物語

ほしい!に追加 twitter
本-アウシュヴィッツを越えて 少女アナの物語
著者: アナ・ハイルマン (著)
平戸久美子 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東洋書林
発行年月
2005年 06月
ISBNコード
9784887216990
版型
--
ページ数
337P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アナ・ハイルマン OFF
平戸久美子 OFF

内容紹介

これまで多数出版されてきた“新しい「アンネの日記」”の決定版。
悲惨な歴史のドキュメントである一方、戦争を力強く生き抜いていく主人公の姿が胸を打つ“希望の書”。
アメリカ最大級の人道組織から贈られるサイモン・ヴィーゼンタール賞(2002年)、さらにオタワ出版賞を受賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ワルシャワ、第二次大戦前夜/ワルシャワ・ゲットー/マイダネク/アウシュヴィッツ/蜂起/木霊する声/本書を読むために

著者情報

アナ・ハイルマン
1928年生まれ。アウシュヴィッツから生還したポーランド系ユダヤ人。14才で収監された強制収容所内で、姉とともに反ドイツ地下組織と連携した暴動の準備工作に関わる。収容所に収監された家族4人のうち、ただひとり奇跡的に生還。戦後イスラエルで社会福祉の学位を取得し、ユダヤ人の夫との間に二女をもうける。1960年、カナダに移住。児童救済組織で働き、引退後の2001年、当時の日記と記憶をもとに執筆した『アウシュヴィッツを越えて―少女アナの物語』をカルガリー大学出版局より刊行。翌年、サイモン・ヴィーゼンタール賞のほか、オタワ出版賞を受賞。現在、カナダ、オタワ市在住
平戸 久美子
幼時にキリスト教文化、翻訳児童書に親しむ。「翻訳ワークショップBEC」にて別宮貞徳氏に師事。現在、英会話及びTOEIC講師
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


ノーマンズランド

誉田哲也(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ