pagetop

本 雲の先の修羅 『坂の上の雲』批判

ほしい!に追加 twitter
本-雲の先の修羅 『坂の上の雲』批判
著者: 半沢英一 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東信堂
発行年月 2009年 11月
ISBNコード 9784887139435
版型 --
ページ数 183P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

半沢英一 OFF

内容紹介

司馬氏も自認しているように、『坂の上の雲』は歴史の領域に大きく踏み込んだ小説だった。
そこで待ち構えていたのは、日本に漲る、戦後失われかけていた自らの誇りの回復を求める巨大な力―日本の近過去を、事実を無視しても、世界に雄飛した明るい物語として再確認したいという強い願望ではなかったか。
書中の、特に日露戦争の実質的原因をなした、韓国問題における事実の隠蔽あるいは美化は、理由・表現はともあれ、そうした国民的願望と明らかに軌を一にしているのだ。
NHKTV放映に対峙し、司馬氏が行った歴史上の意識的・無意識的錯誤を、グローバルな視野に立ち徹底検証・批判した力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 『坂の上の雲』の呪縛力/第2章 『坂の上の雲』への疑問/第3章 日清戦争の帝国主義は定義の問題ではなかった/第4章 日露戦争は日本の祖国防衛戦争ではなかった/第5章 空想歴史小説『坂の上の雲』/第6章 他の戦争歴史文学との比較/第7章 アイデンティティの牢獄『坂の上の雲』/第8章 人類の課題としての帝国主義の克服/第9章 「日本人のアイデンティティ」を考えなおす/付録 戦争の数字―百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に匹敵しない

著者情報

半沢 英一
東北大学理学部数学科卒。理学博士。現在金沢大学教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


グローバライズ

木下古栗(著)


ランキング一覧へ