pagetop

本 教育から職業へのトランジション 若者の就労と進路職業選択の教育社会学

ほしい!に追加 twitter
本-教育から職業へのトランジション 若者の就労と進路職業選択の教育社会学
著者: 山内乾史 (編著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東信堂
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784887138384
版型 --
ページ数 300P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山内乾史 OFF

内容紹介

ニート、フリーター、ワーキング・プア等の言葉の氾濫が示すように、若者の進路・就労問題は今日の焦点的課題となっている。
それは日本に、そして現在に特有の現象なのか、責めを負うべきは若者自身か、あるいは今日の教育や社会システムの欠陥なのか―米仏はじめ先進諸国、発展途上諸国の現状も視野に、比較社会学の視点から多角的に問題解決の方途を追求・考察した、まさに時宜にかなった充実のテキスト。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 日本における若年就労の状況(日米間における「使い捨てられる」若者の比較/大学から職業への移行をめぐる日本的文脈/「教育過剰論」再考―大学院について)/第2部 先進諸国における若年就労の状況(「社会的に恵まれない層」をターゲットとするアメリカの若年雇用政策―中等教育段階の職業教育と離学後の積極的雇用政策を中心に/マック仕事の労働者たち―米国とカナダと日本のファストフード店を中心に/フランス型教育モデルの変容―民主化から新自由主義へ)/第3部 社会的排除をめぐって(多文化社会における教育的受容と排除/障害者の就労と教育―一般高校を卒業した知的障害者の事例を中心に)/第4部 若年就労の国際比較(OECD諸国における教育・職業訓練と労働市場の比較/中東北アフリカ地域における女性労働の現状と課題/デリーにおける包括的な教育への取り組みによるストリート・チルドレンを含む働く子どもたちへの教育)

著者情報

山内 乾史
1963年大阪府に生まれる。1986年大阪大学人間科学部卒業。1991年大阪大学大学院人間科学研究科中途退学。広島大学大学教育研究センター助手。1994年神戸大学大学教育研究センター専任講師。1995年博士(学術)(神戸大学)。1996年同助教授。1998年~1999年ロンドン大学教育研究所客員研究員。1999年神戸大学大学教育研究センター/大学院国際協力研究科助教授。2005年神戸大学大学教育推進機構/大学院国際協力研究科助教授。2007年同准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ