pagetop

本 相対覇権国際システム安定化論 東アジア統合の行方

ほしい!に追加 twitter
本-相対覇権国際システム安定化論 東アジア統合の行方
著者: 柳田辰雄 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東信堂
発行年月 2008年 01月
ISBNコード 9784887137967
版型 --
ページ数 240P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

柳田辰雄 OFF

内容紹介

Yuen(東アジア共通通貨)はやがて文化や意思疎通のメディアとして機能し、流通し、東アジア地域の人々のあいだに最大の集合的アイデンティティ圏を醸成すると共に、加速度的に経済統合を促進させ、政治統合への道を切り開くであろう…経済学、政治学、社会学及びゲーム理論など学問の融合を試みつつ、不可欠の東アジア統合の行方を読み解く挑戦的構想の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 (提案/二一世紀の日本の進路)/第1章 東アジア統合の行方(多様なる東アジア/ASEAN東南アジア諸国連合 ほか)/第2章 欧州連合(ユアラピアン・ユニオン、EU)(文化、言語と宗教/政治統合への道のり ほか)/第3章 北米自由貿易地域(北アメリカの風土と歴史/アメリカとパレスチナ問題 ほか)/第4章 差異と同一から見た国家、市場と貨幣(国家とは/市場と資本主義 ほか)/第5章 国際政治経済システム(安全保障/国際貿易制度 ほか)

著者情報

柳田 辰雄
1976年3月東京大学経済学部経済学科を卒業、1978年3月東京大学経済学研究科経済学専攻修士課程修了、国際通貨基金(IMF)エコノミスト、東京都立大学経済学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授、教授を経て、1999年4月より現職。この間ジョンズホプキンス大学客員研究員、ニューヨーク市立大学院センター客員助教授、2002年8月まで1年間国際協力事業団派遣専門家、インドネシア共和国財務省財政分析庁財政アドバイザー。経済済学博士(東京大学)。教育活動―大学院:国際政治経済システム学、国際政治経済システム学演習(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ