pagetop

本 サウンド・バイト:思考と感性が止まるとき メディアの病理に教育は何ができるか

ほしい!に追加 twitter
本-サウンド・バイト:思考と感性が止まるとき メディアの病理に教育は何ができるか
著者: 小田玲子 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 東信堂
発行年月 2003年 10月
ISBNコード 9784887135123
版型 --
ページ数 250P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小田玲子 OFF

内容紹介

アメリカのメディア史の研究を通じて教育の真のあり方を追求してきた著者は、今日の巨大メディアの「短く、見栄えがよく、インパクトが強く、刺激的な」言葉と映像・音が感性を単一化し、思考を停止させる元凶と批判。
これと闘うアメリカの教育学者マイヤーとサイザーの実践を紹介し、「自分の眼でものを見て、自分の足で歩き、自分の頭で考えること」こそが、人々が活力と豊かさを取り戻す最重要事と訴える、日本の教師・親の今一番読んでみたい本。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章(画一さをめぐる古くて新しい課題/「多様さ」がなぜ必要か)/1章 サウンド・バイトの要素―「受身」の完成(サウンド・バイトとは何か/サウンド・バイトの言語とジャーナリズム ほか)/2章 サウンド・バイトの背景を探る―メディア分析学と「土」の思想(土からの発想―なぜ「土」か:進歩的思想とアメリカ中西部/レオポルドの固執 ほか)/3章 「自分でつくる」という思想―多種少量を提唱する思想家たち:「受身」を越えて(多種少量の思想の展開と位置づけ/計量・数値化とサウンド・バイト ほか)

著者情報

小田 玲子
1965年埼玉県生まれ。慶応義塾大学文学部卒業(社会学専攻)後、専門紙・誌の編集職を経て、お茶の水女子大学大学院博士前期課程修了。現在は、教育雑誌の編集にかかわりながら研究を進める。研究領域はメディア思想史、教育思想史、カレッジ・ライティング

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ