pagetop

本 セロ 中世セルビアの村と家

ほしい!に追加 twitter
本-セロ 中世セルビアの村と家
著者: ストヤン・ノヴァコヴィチ (著)
越村勲 (訳)
唐沢晃一 (訳)
定価 ¥5,076(税込)
BOOKFANポイント: 235 pt
or
Tポイント: 141 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
刀水書房
シリーズ名
人間科学叢書 35
発行年月
2003年 05月
ISBNコード
9784887082946
版型
--
ページ数
276P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ストヤン・ノヴァコヴィチ OFF
越村勲 OFF
唐沢晃一 OFF

目次

第1章 村の役割、種類、住人(中世、「ゼムリャ」は国土を指し、「ドルジャヴァ」は領地や領主権を指した/ゼムリャが国土の一部だけを指す場合もあった ほか)/第2章 村の輪郭、村が負った責任(無人地は「自由の地」?/村の外郭としての境界 ほか)/第3章 村の発展段階、村の土地所有(分村と村の発展段階/村の流動性と分村の成立 ほか)/第4章 村の土地共同体、村のザドルガ(土地共同体は実在したのか/「農業共産主義」は実在したか ほか)

著者情報

唐沢 晃一
1967年神奈川県に生れる。1992年早稲田大学文学部西洋史学専修卒業。2002年早稲田大学大学院文学研究科史学西洋史学科博士後期課程修了。2003年早稲田大学文学部非常勤講師
越村 勲
1953年富山県に生れる。1977年一橋大学法学部卒業。1980年ザグレブ大学大学院政治学研究科修士課程修了。1985年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。一橋大学特別研究員、千葉大学助手、東京造形大学助教授などをへて、1998年より同教授、中央大学・一橋大学講師

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング