pagetop

本 松崎明秘録

ほしい!に追加 twitter
本-松崎明秘録
著者: 松崎明 (著)
宮崎学 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 同時代社
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784886836243
版型 --
ページ数 220,4P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松崎明 OFF
宮崎学 OFF

内容紹介

革マル派の創設に参加、副議長だった…。
動労とJR総連を指導していたのは革マル…。
組織温存のため屈服し、国鉄民営化に賛成した…で、ホントのところどうなんでしょう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 革命と党を語る(党がなければ革命はできないか/共産党を超える新党を創ろうとした/反スターリン主義の立場に立つ/共産党・革マルの官僚主義との闘い ほか)/第2部 労働者と組合運動を語る(労働組合を創るとき/理論武装しないと組合運動はできない/青年部をつくって反合理化闘争へ/新左翼労働運動の草創 ほか)

著者情報

宮崎 学
1945年京都府生まれ。早稲田大学在学中は日本共産党・民青系の学生運動のゲバルト部隊に属す。「週刊現代」記者を経て、実家の建築解体業を継ぐ。それらの体験を描いた『突破者』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
松崎 明
1936年埼玉県生まれ。埼玉県立川越工業高校を卒業、国鉄就職。1961年に国鉄動力車労働組合(動労)全国青年部を結成、初代青年部長に。1963年に動労尾久支部委員長として12・13尾久・田端基地統廃合反対闘争を指導し、逮捕され、国鉄を解雇される。その後、動労田端支部書記長、関東地評事務局長、東京地本書記長、東京地本執行委員長を歴任、激しくストライキ・順法闘争を繰り広げる「鬼の動労」をつくりだした。1985年に動労中央執行委員長に就任。国鉄の分割民営化では、民営化を認め、鉄道の再生をめざす現実対応をとる。1987年にJR発足後は東日本旅客鉄道労働組合中央執行委員長に就任、1995年同会長、2001年同顧問を歴任、「責任追及から原因究明へ」を掲げた安全問題や国際連帯の創造などに取り組む。2003年にすべての役職を退任

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ