pagetop

本 焼塩壺と近世の考古学

ほしい!に追加 twitter
本-焼塩壺と近世の考古学
著者: 小川望 (著)
定価 ¥12,960(税込)
BOOKFANポイント: 600 pt
or
Tポイント: 360 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 同成社
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784886214386
版型 --
ページ数 334P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小川望 OFF

内容紹介

江戸時代に焼塩の生産・流通用の容器として用いられた焼塩壷。
筆者は全国の遺跡から無数に出土するこの遺物のデータを無数に集積し整理・分析の結果、近世におけるモノの生産・流通・使用・消費のプロセスの一端を明らかにし、さらには近世という時代の考古学的・歴史学的復元を試みる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 総論(焼塩壷研究略史/史料上の焼塩壷/焼塩壷の分類/焼塩壷の刻印/焼塩壷生産者とその相互関係)/第2部 各論(「ミなと」類の刻印をもつ焼塩壷/「御壷塩師/堺湊伊織」の刻印をもつ焼塩壷/「泉州麻生」の刻印をもつ焼塩壷/「奥州磨生」「サカイ泉州磨生/御塩所」の刻印をもつ焼塩壷/「泉湊伊織」の刻印をもつ焼塩壷/「堺本湊焼/吉右衛門」の刻印をもつ焼塩壷/「○泉」の刻印をもつ焼塩壷/「大極上上吉改」「大上々」の刻印をもつ焼塩壷/3-2類の焼塩壷/「い津ミ つた/花塩屋」の刻印をもつ焼塩壷/鉢形焼塩壷/特殊な焼塩壷/焼塩壷の蓋/「イツミ/花焼塩/ツタ」の刻印をもつ焼塩壷/「なに者ん/七度焼塩/権兵衛」の刻印をもつ焼塩壷)/第3部 特論(壷塩屋の系統/時期別の様相/焼塩壷の空間分布1―江戸市中における分布/焼塩壷の空間分布2―汎列島的分布/墨書の有する焼塩壷/焼塩壷の使用形態)

著者情報

小川 望
1957年東京都に生まれる。1981年埼玉大学教養学部人類学コース卒業。1984年東京大学大学院人文科学研究科考古学専攻博士課程退学。東京大学文学部助手。1990年東京都小平市教育委員会学芸員(至現在)。2007年國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング