pagetop

本 出羽の古代土器

ほしい!に追加 twitter
本-出羽の古代土器
著者: 利部修 (著)
定価 ¥8,640(税込)
BOOKFANポイント: 400 pt
or
Tポイント: 240 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 同成社
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784886214195
版型 --
ページ数 308P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

利部修 OFF

内容紹介

在地性の強い土師器と律令体制の枠内で発展した須恵器の分析を通して出羽の古代土器の性格を見つめ、古代東北史の特性を論ずる上で必須の資料を抽出した、著者渾身の力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 器種・分類論(出羽北半の須恵器器種/出羽庄内地方の須恵器器種/出羽南半山形盆地の須恵器器種)/第2章 年代・編年論(秋田の古墳時代土器とその遺跡/下藤根遺跡出土土師器の再検討―東北地方北部における位置づけを中心に/竹原窯跡の須恵器編年/虚空蔵大台滝遺跡のかわらけ―北奥羽における編年学的位置づけ)/第3章 文様・擬似文様論(払田柵跡の平瓦渦巻文考/出羽北半・横手盆地の装飾を施した須恵器―竹原窯跡と富ヶ沢窯跡群を中心に/北日本の須恵器についての一考察)/第4章 技術・技法論(出羽北半の土師器焼成遺構/竹原窯跡における杯蓋の変化/平安時代の砂底土器と東北北部型長頚瓶/長頚瓶の製作技術とロクロの性能―平安時代の北日本における技術推移)/第5章 系譜・流通論(出羽地方の丸底長胴甕をめぐって/平安時代東北の長頚瓶/東北以北の双耳杯と環状凸帯付き長頚瓶/長頚瓶の系譜と流通―北日本における特質)

著者情報

利部 修
1955年秋田県に生まれる。1978年駒澤大学文学部歴史学科(考古学専攻)卒業。1983年立正大学大学院文学研究科修士課程(史学専攻)修了。現在、秋田県埋蔵文化財センター南調査課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ