pagetop

本 埋もれた中近世の住まい 奈良国立文化財研究所シンポジウム報告

ほしい!に追加 twitter
本-埋もれた中近世の住まい 奈良国立文化財研究所シンポジウム報告
著者: 浅川滋男 (編)
箱崎和久 (編)
定価 ¥14,040(税込)
BOOKFANポイント: 650 pt
or
Tポイント: 390 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 同成社
シリーズ名 奈良国立文化財研究所シンポジウム報告
発行年月 2001年 05月
ISBNコード 9784886212221
版型 --
ページ数 442P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浅川滋男 OFF
箱崎和久 OFF

内容紹介

「掘建柱建物はいつまで残ったか」をテーマに、考古学と建築史学の学際的視点から中近世の住まいの実態を総合的に追求。
現在の発掘調査における最先端の情報を提示し、調査・研究の関係者に必備の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 東日本の中近世掘立柱建物(南関東地域における中近世建物遺構の変遷/多摩地域における近世の掘立柱建物/文献にみる近世信濃の民家)/第2章 西日本の中近世掘立柱建物(近畿地方における古代から中近世の掘立柱建物―京都府・滋賀県・兵庫県の場合/中国・四国地方の掘立柱建物/沖縄先島地域における発掘遺構と民家にみる掘立柱建物の問題)/第3章 総合討論―埋もれた中近世の住まい

著者情報

浅川 滋男
1956年、鳥取県に生まれる。1979年、京都大学工学部建築学科卒業。同大学院工学研究科修士課程修了後、中国に留学。同研究科博士課程、日本学術振興会特別研究員、奈良国立文化財研究所平城宮跡発掘調査部遺構調査室長を経て、現在、鳥取環境大学環境デザイン学科教授。工学博士
箱崎 和久
1970年、福島県に生まれる。1993年、信州大学工学部社会開発工学科(建築コース)卒業。横浜国立大学大学院工学研究科博士課程前期修了。1995年、奈良国立文化財研究所に入所。現在、独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所研究員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ