pagetop

本 日本ただいま脳死状態 されど望みは捨てず

ほしい!に追加 twitter
本-日本ただいま脳死状態 されど望みは捨てず
著者: 東祥三 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高木書房
発行年月 2007年 07月
ISBNコード 9784884714031
版型 --
ページ数 247P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

東祥三 OFF

内容紹介

どう考えても今の日本は、思考停止状態を超えて脳死状態にある。
その目で現実を見ると絶望的になる。
しかし私は諦めていない。
なぜなら日本は、まだ脳死したわけではない。
世界が羨むほどの大国であり、逆境のときに立ち上がってきた実績もある。
さらに国家は国民によって構成され、国民の目覚めで脳はいくらでも活性化すると確信するからである。
問題なのは枝葉の論議、大切なのは本質論。
リーダーがそして国民が、本質論を展開することで日本のあるべき姿が見えてくる。
本書がその示唆となれば幸いである(本文より)。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 さらば戦後日本―日本、自立の時(「歯止め」世代が生んだ「思考停止の時代」/戦略的空白の半世紀と対米従属病の慢性化/新しい日本人/正義と平和)/第2部 本音の議論なくして自立なし(北朝鮮の核武装とどう向き合うか/巨竜・中国の台頭と日本の国家戦略/日本の情報組織は、国家の恥部!)

著者情報

東 祥三
1951年、東京都生まれ。創価大学大学院博士課程修了。日・墨政府交換留学生としてメキシコに留学。国連難民高等弁務官事務所職員を経て、90年衆議院議員初当選(旧東京6区)。以後、連続4期当選。細川内閣で外務政務次官。小沢一郎氏とともに自由党の結成に参画、自由党幹事長代理、常任幹事を歴任。第二次小渕内閣で外務総括政務次官。現在、民主党東京都第15区総支部長(江東区)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ