pagetop

本 殺陣武術指導 林邦史朗

ほしい!に追加 twitter
本-殺陣武術指導 林邦史朗
著者: 林邦史朗 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 体育とスポーツ出版社
発行年月 2004年 12月
ISBNコード 9784884582500
版型 --
ページ数 239P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林邦史朗 OFF

内容紹介

大河ドラマの殺陣師として約40年。
時代劇のクライマックス=殺陣を知り抜いた男、林邦史朗がその世界についてすべてを語りつくす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 殺陣師とは何者だ?知っていそうで知らなかったその仕事・役割(殺陣とは、最高のクライマックスなのです/どんな監督のもとでも、動きを作り出す。それが殺陣師という存在 ほか)/第2章 私が手がけた大河ドラマ あの作品のあの殺陣シーンはこう作られた(「太閤記」/「源義経」 ほか)/第3章 殺陣こそ文化なり 殺陣師林邦史朗、文化の担い手としてのあくなき探求(「殺陣」の始まりと「殺陣田村」という革命/チャンバラスター、そして専門殺陣師の登場 ほか)/第4章 特別対談 役者・緒形拳×殺陣師・林邦史朗 殺陣によって育んだ友情 男二人、お互いの人生に感ずる意気(大河ドラマでの出会い若き血を燃やした「太閤記」「源義経」/殺陣が持つ魅力とは何かそして殺陣師という重要な演出家 ほか)

著者情報

林 邦史朗
昭和14年(1939)1月1日、東京都墨田区両国に生まれる。中学校時代に剣道を始め、高校時代に「劇団ひまわり」に入所、その後、殺陣師・大内竜生氏と出会い弟子入りするが、やがて独立。そして昭和40年には、25歳で史上最年少の殺陣師としてNHK大河ドラマ「太閤記」を手がけ、同時に日本初のスタントマングループ「若駒」を発足。以降「源義経」をはじめ数多くの大河ドラマを担当している。その間、剣術、柔道、合気道、空手、琉球古武術、中国武術など数多くの武術を学び、国内でも有数の武術家として知られる他、誰にでもできる護身術を研究考案し、その指導にも当たっている

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ