pagetop

本 ブランド 2

ほしい!に追加 twitter
本-ブランド 2
著者: 岡康道 (著)
吉田望 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 宣伝会議
発行年月 2004年 05月
ISBNコード 9784883351053
版型 --
ページ数 352P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岡康道 OFF
吉田望 OFF

目次

ブランドは緩慢に殺され、劇的によみがえる/タレントというアリバイ/企業ブランドと商品ブランドの因果関係/商品開発という重要証人/理論と感覚のサスペンス/失敗は犯罪か?/アイデアという事件/キャラクターの魔力/ネガティブというスリル/エゴイズムを動機として/クライアントからの差し迫った幾つかの質問状/ネーミングがブランドを救う/ブランドの地霊/ブランドの次はあるか?

著者情報

吉田 望
1956年文京区生まれ。東京大学工学部卒業後、株式会社電通入社。研修は第一班。ここで岡康道と会う。営業局、ラジオテレビ局を経て慶応義塾大学ビジネススクールへ社内留学。その後株式会社電通総研へ出向。同研究3部長。メディア変革期の直言者に。その後、電通でメディアコンテンツ統括局調査部長。電通ドットコム取締役など。2000年電通を退社。ブランドとメディアのコンサルとして独立。ノゾムドットネット(吉田望事務所)代表。研究開発・マーケティング・コンサル・アカウントブランニング・クリエイティブを一貫しておこなえる唯一の事務所となった。株式会社ゼロ非常勤監査役、株式会社スカイマークエアラインズ監査役。株式会社コンセント取締役。6月より株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズの社外役員に就任予定。アカウントプランニングの専門会社「takibi」を6月に設立、代表に就任予定
岡 康道
株式会社TUGBOATクリエイティブ・ディレクター、CMプランナー。佐賀県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、株式会社電通入社。研修は第1班。ここで、吉田望と会う。営業局を経て、クリエーティブ局へ。1999年7月、川口清勝、多田琢、麻生哲朗と日本初のクリエイティブエージェンシー、『TUGBOAT』を設立。ニューヨークADC会員。受賞歴、TCC最高賞5回・ADC賞3回・ACC最優秀シリーズ広告賞・ニューヨークフィルムフェスティバル入賞・クリオ賞・1997年度クリエイター・オブ・ザ・イヤー

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ