pagetop

本 八幡製鉄所・職工たちの社会誌

ほしい!に追加 twitter
本-八幡製鉄所・職工たちの社会誌
著者: 金子毅 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
草風館
発行年月
2003年 03月
ISBNコード
9784883231300
版型
--
ページ数
214P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

金子毅 OFF

内容紹介

「鉄」は国家なり。
これは激動の時代を生き抜いた製鉄所の「職工」たちの、もうひとつの物語である。
舞台は、「八幡製鉄所」という日本近代の黎明期を支えた企業である。
本書は、伝統と近代のはざまで生きた「職工」たちの伝承を土台に、近代人の精神のなりたちを追究した、画期的産業社会論である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 近代産業社会に生きたものづくりたち(職工と呼ばれた人々/職工たちのつぶやき)/第2章 八幡製鉄所とともに生きた人々(青年は鉄都をめざす/繁栄の八幡、その光と影)/第3章 時代を超えた「職工」像(一)―一九〇一~一九四五(つくられる職工像(一)―戦前期「高炉の神様」/つくられる職工像(二)―戦中期「産業戦士」)/第4章 時代を超えた「職工」像(二)―戦後~高度経済成長期(高度経済成長と田中熊吉/「高炉の名医」田中熊吉 ほか)/第5章 時代を超えた祟り伝承―職工地帯をさまようお小夜狭吾七(伝承のあらましとその舞台/物語る職工たち(一)―お小夜狭吾七の祟り ほか)

著者情報

金子 毅
1962年埼玉県生まれ。国学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、仏教大学・東京基督教大学非常勤講師、および国立歴史民俗博物館外来研究員。文化人類学・民俗学専攻。近代産業社会と労働文化に関わる歴史民俗学を研究
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


渡部昇一死後の生活を語る 霊になって半年の衝撃レポート

大川隆法(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ