pagetop

本 放射能で首都圏消滅 誰も知らない震災対策

ほしい!に追加 twitter
本-放射能で首都圏消滅 誰も知らない震災対策
著者: 食品と暮らしの安全基金 (著)
古長谷稔 (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三五館
発行年月 2006年 04月
ISBNコード 9784883203505
版型 --
ページ数 127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

食品と暮らしの安全基金 OFF
古長谷稔 OFF

内容紹介

あっ、東海地震だ!そして、そのあとさらに恐ろしい事態が…。
首都圏はたったの6~8時間後放射能に汚染されてしまう!あなたに備えは、ありますか?それより、あなたはどこまで知っていますか?すべてを報告し、すべてに答えた本。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 放射能が首都圏を襲う(東海地震ついに発生!―そのとき、日本の運命が決まる/東海地震が原発震災に変わるとき―首都圏の人々の地獄が始まる ほか)/第2章 放射能から身を守る!(“逃げる”のか“閉じこもる”のか―どっちを選ぶ?/“浜岡”から煙が出ていないか、テレビで要チェック! ほか)/第3章 東海地震は始まっている(日本列島は地震活動期に入りつつある―地震学者の共通見解/浜岡原発の直下にプレートの境界面があるのだ!―それも、浅いところに! ほか)/第4章 止めて下さい、この原発(どこの国もやらないような人間実験が進行中…―浜岡原発は悪魔の選定だ!/世界でひとつだけの花?―「地震発生予定地に原発」 ほか)/第5章 浜岡原発のミステリー(浜岡原発の真下の恐怖とミステリー―それは、女性の手で握りつぶせる岩盤だった!/浜岡の敷地内に断層が走っているではないか!―そのうえ過去に「何度も動いた」証拠が… ほか)

著者情報

古長谷 稔
1971年静岡県函南町生まれ。国立沼津工業高等専門学校電子制御工学科を経て、北海道大学工学部土木工学科で河川防災を専攻。衆議院議員の公設秘書時代に浜岡原発の実情と原発震災の危機を知ったことが、人生を大きく変えた。生まれも育ちも静岡という土地柄、東海地震はつねに「そこにある危機」となる。そこで、誰も知らない浜岡の真実を広く伝えるために秘書を退職、2004年4月「原発震災を防ぐ全国署名連絡会」の立ち上げに参画し、事務局長として奔走中。2006年1月からは「食品と暮らしの安全基金」に在籍しながら、さらに情報発信の勢いはヒートアップしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ