pagetop

本 ヒイラギの檻 20世紀を狂奔した国家と市民の墓標

ほしい!に追加 twitter
本-ヒイラギの檻 20世紀を狂奔した国家と市民の墓標
著者: 瓜谷修治 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
三五館
発行年月
1998年 07月
ISBNコード
9784883201518
版型
--
ページ数
266P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

瓜谷修治 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: sasha 投稿日:2013/01/11

療養所という名の絶滅収容所

ハンセン病はその昔、「らい病」と呼ばれて忌み嫌われていた。
それはひとえに罹患者の見た目によるものだろう。

本書は東京都東村山市に作られたハンセン病患者の収容施設
・国立療養所多摩全生園と、そこでハンセン病の資料の収集・
整理に半生を費やしている山下道輔の入所から現在までの
軌跡を辿りながら、差別と偏見に晒されて来たハンセン病患者
の歴史を描いている。

ハンセン病は伝染性の極めて弱い病気である。太古からあった
病気のようだが、国を挙げての対策が取られるようになったのは
明治に入ってからだ。

文明国家に、ハンセン病患者が物乞いをしていては対外的に
みっともない。だったら収容所を作ってしまえっ!と日本各地に
療養所が出来た。

それが大きく変化したのは、戦争へと突き進む時代だ。コレラ
と同じくらいの感染力を持ち、毒性も強いとのプロパガンダが
流れ、ハンセン病は隔離されるべき病となってしまう。

しかし、療養所とは名ばかり。そこは罹患者を閉じ込め、世間と
隔絶する強制収容所以外の何物でもなかった。

軽症者が重症者の看護をし、所内の作業までやらされる。そして、
女性患者の元へ「通い婚」をする男性患者に施される断種手術。

ナチス・ドイツはユダヤ人だけではなく、同じアーリア人でも身体に
障害を抱える人や、精神を病む人々を断種しようとした。日本でも
これと同じような医療行政があったのだ。

松本清張『砂の器』を読んだ時、まさかここまで…と思ったのだが、
現実は本当に過酷だった。

特効薬がないと言われたハンセン病にも有効な治療薬が発見
された。それでも、ハンセン病患者の人権を奪っていた「らい予防
法」の廃止は1996年まで待たねばならなかった。

3mものヒイラギの垣根に囲まれた全生園は、本書のタイトル通り
「ヒイラギの檻」だった。

現在は敷地を取り囲んでいたヒイラギもなくなり、園内には看護
学校や認可保育園を擁している。だが、一部には今でもこの病気
に対する偏見は残っているようだ。

厚生労働省はハンセン病に対する正しい知識を広く啓蒙する
義務があるんじゃないか。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ポケット六法 平成30年版

山下友信(編集)


大人のための国語ゼミ

野矢茂樹(著)


公共建築工事標準仕様書 平成28年版建築工事編

国土交通省大臣官房官庁営繕部(監修)


ランキング一覧へ