pagetop

本 ヤン・ファン・エイク《ヘントの祭壇画》 教会改革の提案 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-ヤン・ファン・エイク《ヘントの祭壇画》 教会改革の提案 新装版
著者: ノルベルト・シュナイダー (著)
下村耕史 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三元社
シリーズ名 作品とコンテクスト
発行年月 2008年 08月
ISBNコード 9784883032327
版型 --
ページ数 148P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ノルベルト・シュナイダー OFF
下村耕史 OFF

内容紹介

精緻なリアリズムが神秘的な象徴を具現化して生まれた奇跡の祭壇画。
本書では、隠された象徴的意味について、文化史的に解釈される美術的革新と同様、詳しく論究される。
単に様式分析的になされた、あるいは宗教的意味内容を一面的に強調した解釈に対して、著者はフス戦争と公会議運動にあらわれた宗教改革前夜の教会革新のための諸提案と関連させて、この記念碑的絵画の政治的機能の再構成を試みる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 ヤン・ファン・エイクにおける自然主義と象徴主義/第1章 平日礼拝面(閉じた状態の構成/約束の領域:預言者と巫女/受胎告知の領域/寄進者夫妻像)/第2章 日曜礼拝面(堕罪と救済:最初の夫婦/奏楽の天使:「新芸術」による天国の賛美/教皇の正装をした父なる神・デエシス/教会の象徴としての神秘の仔羊/進み行く人々の群れ)/第3章 ヘントの祭壇画の神学的プログラムとイデオロギー的意義(現世の時と方位/教会の危機克服のための聖職位階制度と平等原理についての考察/フス派の挑戦)/第4章 補遺(《ヘントの祭壇画》の受容と研究史)

著者情報

下村 耕史
1942年、福岡市生まれ。1968年、九州大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、九州産業大学芸術学部教授。西洋美術史(とくに北方ルネサンス美術)専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ