pagetop

本 ティツィアーノ《パウルス3世とその孫たち》 閥族主義と国家肖像画 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-ティツィアーノ《パウルス3世とその孫たち》 閥族主義と国家肖像画 新装版
著者: ロベルト・ザッペリ (著)
吉川登 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三元社
シリーズ名 作品とコンテクスト
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784883032174
版型 --
ページ数 150P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ロベルト・ザッペリ OFF
吉川登 OFF

内容紹介

『パウルス3世とその孫たち』は、ティツィアーノの最も有名な、論じられることの多い絵画の一つである。
とはいえ、この絵が提示する一連の問題は、今日まで満足のいく解答を見出していない。
この絵は普通、国家肖像画のジャンルに分類されているが、これまで誰も、その絵の政治的意味内容を解読しようとしなかった。
この絵において、なぜ教皇の二人の孫アレッサンドロとオッターヴィオだけが描かれ、彼の息子ピエル・ルイージや他の二人の孫オランツイォとラヌッチオは描かれなかったのか?なぜ絵画の制作が中断されたのか、そして、画家は別れを告げたが、ティツィアーノとファルネーゼ家との関係がそこなわれなかったのはなぜか?依頼者の希望で伝えられるはずであった政治的メッセージを人々に理解させるのに、画家はどのような芸術的手段を用いてこれに成功したのか?文献的及び図像的資料の研究によって、著者は、上記の問に対し、説得力のある答えを出すことができた。
同時に、本書で示された分析は、美術史研究のかかえているアクチュアルな諸問題を討論の対象にすえる機会をも提供している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 未完の肖像画『パウルス3世とその孫たち』(ティツィアーノ作『パウルス3世とその孫たち』/表敬 ほか)/第2章 肖像画の政治的機能(閥族主義/国家肖像画 ほか)/第3章 画家の思惑(ファルネーゼ家とティツィアーノ/ローマのティツィアーノ ほか)/第4章 肖像に滑り込まされる野望(ピエル・ルイージの四人の息子たち/アレッサンドロの焦り ほか)/第5章 野望の結末、そして絵が語るもの(制作の中断についての新説/肖像画のその後の運命 ほか)

著者情報

吉川 登
1948年生まれ。1977年、京都大学大学院文学部研究科博士課程修了。現在、熊本大学教育学部教授。専門は美術史・美術理論、美術教育(鑑賞学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ