pagetop

本 ポストコロニアル国家と言語 フランス語公用語国セネガルの言語と社会

ほしい!に追加 twitter
本-ポストコロニアル国家と言語 フランス語公用語国セネガルの言語と社会
著者: 砂野幸稔 (著)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
三元社
発行年月
2007年 12月
ISBNコード
9784883032143
版型
--
ページ数
412,92P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

砂野幸稔 OFF

内容紹介

「独立」以来、「国民」が使いこなせない旧宗主国の言語を「国家公用語」としているセネガル。
公共性を担保する言語のない、「曖昧な多言語主義」状況をつくりだす国際機関、巨大NGOの「援助という名の介入」。
人々の言語生活の実態調査から、その問題点を明らかにするとともに、言語的多様性と社会的共同性がいかにして両立しうるかをさぐっていく。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 インヴィヴォな管理―ウォロフ語の拡大とウォロフ化への抵抗(ウォロフ語の拡大/ウォロフ化への抵抗―多言語使用という選択/フランス語の位置)/第2部 インヴィトロな管理―作為と不作為(フランス植民地帝国とセネガルの諸言語/独立後のセネガルにおける言語と政治/セネガルにおける言語ナショナリズムの系譜)/第3部 言語政策と介入(終章/結論)/補論(セネガルにおけるアラビア語文学―イスラームと文学の言語/七都市調査結果の分析―三類型)

著者情報

砂野 幸稔
1954年滋賀県生まれ。熊本県立大学文学部教員。京都大学博士(地域研究)。専門はアフリカ地域研究(文学、言語文化、歴史)、フランス語圏文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ポケット六法 平成30年版

山下友信(編集)


大人のための国語ゼミ

野矢茂樹(著)


公共建築工事標準仕様書 平成28年版建築工事編

国土交通省大臣官房官庁営繕部(監修)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ