pagetop

本 始原と反復 本居宣長における言葉という問題

ほしい!に追加 twitter
本-始原と反復 本居宣長における言葉という問題
著者: 友常勉 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三元社
発行年月 2007年 07月
ISBNコード 9784883032006
版型 --
ページ数 250,7P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

友常勉 OFF

内容紹介

一八世紀後半から一九世紀初頭の徳川期日本においてひとつの潮流を形成した本居宣長の古学古道論が、「世界を再‐結集する」信条や世界観をどのように創出しようとしたのかを、差異と反復をめぐる新たな思考を通して考察する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 本居宣長における反復という問題(『真暦考』/「数む」と「賦む」/横領と形式性)/第1章 始原の言葉(始原の言葉/「ツギツギニ」―前‐テクストの構成規則の論理化/神代と人代/修辞学的飛躍)/第2章 歌論の位相(『あしわけをぶね』の情‐辞と「文」/『石上私淑言』における「文」と「ウタフ/ヨム」)/第3章 「もののあはれ」の美学的構造とその反‐可能性(宣長「もののあはれ」論の形式性/「物の哀をしらする」の論理/「好」とナショナル・ペタゴジーの成立/美的体験の再構成)/終章 古道と権道(「御契約」と「御民」/古道と権道/「泣き悲しみこがれる」主体/おわりに)

著者情報

友常 勉
1964年、生まれ。1989年、法政大学文学部卒業、東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程中退。2004年、博士(学術)取得(東京外国語大学)。専攻、日本近代史・日本思想史。現在、廈門大学外文学院専家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9

愛七ひろ(著)


ランキング一覧へ