pagetop

本 ブリューゲル《イカロス墜落の風景》 人文主義的ペシミズムの絵解き

ほしい!に追加 twitter
本-ブリューゲル《イカロス墜落の風景》 人文主義的ペシミズムの絵解き
著者: ベアット・ヴィース (著)
神原正明 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三元社
シリーズ名 作品とコンテクスト
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784883031948
版型 --
ページ数 127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ベアット・ヴィース OFF
神原正明 OFF

内容紹介

オウィディウス『変身物語』第8書「イカロス墜落」。
ブリューゲルは、この自明の物語を原典批判的に切り詰め、古い手本にしがみつく不正確な見方のしきたりを覆す人文主義の要求を実現した。
時代は、宗教戦争、カトリック国スペインによるネーデルラント支配…、愚かな流血で彩られた己の時代に「鉄の時代」の再来を認めた画家は、人文主義者の悲哀をこめて暗号化せざるをえなかった描写に、いかなる予言を込めたのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 はじめに―受容史を追って/第2章 図像学的概観/第3章 世界の喪失か?広大な宇宙での性急な意味の探求/第4章 風景の歴史についての小さな回り道/第5章 神話の地図/第6章 コピー作者にとっての落とし穴/第7章 原典に戻る!人文主義の逐語的解釈/第8章 画面左端の短剣/第9章 世界劇場/第10章 スキュラとカリュプディスの間―宗教改革における人文主義者の立場/第11章 「自己それ自体へ(自省録)」

著者情報

ベアット・ヴィース
1947年バーゼル生まれ。チューリッヒ、ベルリン、ローマで美術史、哲学、ドイツ文学を学ぶ。建築史、新美術史、美術理論の領域で研究活動。大学講師、出版監修、編集者として活動。シュトゥットガルト美術史研究所を経て、2004年よりカールスルーエ造形大学の美術史・メディア理論の教授
神原 正明
1952年、大阪市生まれ。1978年神戸大学大学院文学研究科(芸術学芸術史)修了。倉敷芸術科学大学教授(大学院芸術研究科、芸術学部)。専門は西洋美術史(ネーデルラント美術史)、図像学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ