pagetop

本 フリードリヒ《氷海》 死を通過して、新しい生命へ

ほしい!に追加 twitter
本-フリードリヒ《氷海》 死を通過して、新しい生命へ
著者: ペーター・ラウトマン (著)
長谷川美子 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三元社
シリーズ名 作品とコンテクスト
発行年月 2000年 11月
ISBNコード 9784883030514
版型 --
ページ数 147P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ペーター・ラウトマン OFF
長谷川美子 OFF

内容紹介

凍結した海での難破の光景を、冷気が満ちる清明な空のもとに描いたフリードリヒの代表作『氷海』。
啓蒙主義、フランス革命そして王政復古の反動にいたる時代の揺れ―そうした社会状況を、破壊と希望が共存するまったく新しい美に結晶させた画家の思想をたどる。
激動の時代が生んだ破壊と希望が共存するまったく新しい美。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 フリードリヒのアトリエへの訪問/第2章 葛藤の画面構成/第3章 エルベ川の流氷と極地探検のヴィジョン/第4章 崇高―感情の対立の中で/第5章 旧体制の復活―ドイツの冬/第6章 北方―青いクリスタル/第7章 反アルカディアと否定的ユートピア/第8章 古典主義とロマン主義―有機的な全体と無定形な断片/第9章 人間の悲劇の象徴としての自然/第10章 近くの恐怖と遠くの希望―死を通過して、自由と新しい生命へ

著者情報

ペーター・ラウトマン
1941年生まれ。カッセル美術大学で美術教育、絵画を学び(1962‐67)、ハンブルク大学で美術史、考古学、哲学を学ぶ(1967‐76)。1976年、カスパー・ダーフィト・フリードリヒについての研究で博士号を取得。1979年よりブレーメン芸術大学の芸術学教授。ヨーロッパのロマン主義美術(C.D.フリードリヒ、Ph.O.ルンゲ、ドラクロワ、ロマン主義の受容について)、20世紀の美術と芸術論(ドクメンタ7、ピカソ、ベックマン、リシツキー、70年代から90年代までの美術、ヴァルター・ベンヤミン)に関する論文と著書を発表
長谷川 美子
1958年京都市生まれ。’95年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。(美術史専攻)現在、洗足学園大学講師。専門はドイツ近代美術史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ