pagetop

本 言説のフィクション ポスト・モダンのナラトロジー

ほしい!に追加 twitter
本-言説のフィクション ポスト・モダンのナラトロジー
著者: パトリック・オニール (著)
小野寺進 (訳)
高橋了治 (訳)
定価 ¥4,212(税込)
BOOKFANポイント: 195 pt
or
Tポイント: 117 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 松柏社
シリーズ名 松柏社叢書 言語科学の冒険 7
発行年月 2001年 02月
ISBNコード 9784881989548
版型 --
ページ数 272P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

パトリック・オニール OFF
小野寺進 OFF
高橋了治 OFF

内容紹介

構造主義のナラトロジーの脱構築の果てに見えてくる新たな物語理論の肥沃な領野。
ポスト構造主義のナラトロジーの全貌を伝える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 理論というゲーム―物語とナラトロジー/第2章 物語の事実とフィクション―物語内容と物語言説/第3章 言説の言説化―腹話術的効果/第4章 複数の原点―焦点化ファクター/第5章 テクストとテクスト性―形成するものと形成されるもの/第6章 テクストが遊ぶゲーム―物語と物語の間を読む

著者情報

パトリック・オニール
カナダのクイーンズ大学人文学部ドイツ語ドイツ文学科教授で、前著『エントロピーの喜劇』(The Comedy of Entropy―Humour,Narrative,Reading,University of Toronto Press,1990)で、ポスト・モダンの文学理論家として北米でその地歩を確立した。シーモア・チャトマン、ドリット・コーンを北米を代表する第一世代の物語理論家とすれば、オニールはジェラルド・プリンスとともに第二世代の代表的な物語理論家と言えるだろう
小野寺 進
弘前大学人文学部助教授。19世紀イギリス小説専攻
高橋 了治
東北学院大学非常勤講師。20世紀イギリス小説専攻

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ