pagetop

本 不安に生きる文学誌 森鴎外から中上健次まで

ほしい!に追加 twitter
本-不安に生きる文学誌 森鴎外から中上健次まで
著者: 木村一信 (著)
定価 ¥4,968(税込)
BOOKFANポイント: 230 pt
or
Tポイント: 138 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 双文社出版
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784881645802
版型 --
ページ数 295P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

木村一信 OFF

内容紹介

「不安」や「動揺」のただ中にあって苦闘するさまを創作へと昇華した近現代の作家たちと作品の数数を論じ記録した“文学誌”。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

愛の断念と自己呵責―森鴎外「舞姫」/彷徨する鴎外―出郷と留学/芸術家への道のり―有島武郎「生れ出づる悩み」/人生の案内者―寺田寅彦「案内者」/己れは生きうるか―芥川龍之介「羅生門」の下人/宿命への戦き―「少年」と「点鬼簿」と/徳永直の“転向”の方行/足場を求めて―徳永直「光をかかぐる人々」/世間と戦う―太宰/治「燈篭」/開戦に際して―太宰治の“徴用”失格/異国に育つ―〈ジャワ〉の有吉佐和子/罪への悔根―遠藤周作「わたしが・棄てた・女」/出自の告白―中上健次「紀州 木の国・根の国物語」/現代文学への挑戦―柄谷行人「反文学論」/阿部知二「〈ジャワ〉徴用書簡」/高村光太郎の書簡/高見順『敗戦日記』―戦時下の文士

著者情報

木村 一信
1946年、福岡市に生れる。関西学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。熊本県立女子大学(現・熊本県立大学)を経て、1990年より立命館大学文学部勤務、教授、博士(文学 立命館大学)。この間、インドネシア大学客員教授、西安交通大学客員教授なども兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


ランキング一覧へ