pagetop

本 校庭の生き物ウォッチング

ほしい!に追加 twitter
本-校庭の生き物ウォッチング
著者: 浅間茂 (著)
中安均 (著)
定価 ¥2,057(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 全国農村教育協会
シリーズ名 野外観察ハンドブック
発行年月 2003年 06月
ISBNコード 9784881371053
版型 --
ページ数 191P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浅間茂 OFF
中安均 OFF

内容紹介

学校周辺の自然(生態系)は、生物、環境、人との間に張りめぐらされた目には見えない複雑なネットワークで成り立っている。
本書ではこれらの生物同士、もしくは生物と環境との間の関係を最大のテーマとして取り上げている。
校庭の自然には、地域が異なっても、人間の諸活動の直接・間接の影響のもとに形成・維持されていることによる共通した特徴がある。
本書で取り上げた観察や実習の事例は、著者らの勤務地である千葉県やその近郊都県でのものが多いが、本質的には普遍的な内容を含み、全国のさまざまな学校で活用できるものを目指した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

自然のドラマ/生き物たちのネットワーク(サクラに集まる生き物/カラスノエンドウをめぐる生物間のネットワーク/アブラムシをめぐる生物間のネットワーク/花と虫との利用し合う関係/虫たちの防衛戦略/人の活動との関わりの中で生き抜く雑草/グラウンドの草地での生物同士の関わり ほか)/校庭の生き物調べ

著者情報

中安 均
1952年東京都に生まれる。現在、千葉県立千葉西高等学校教諭。人を含めた生き物同士の関わりに関心を持ち、そうした観点から生態実習教材の開発に努めてきた。熱帯雨林の自然に魅せられ、ボルネオ島を主なフィールドとしての野生動植物の生態観察を続けている
浅間 茂
1950年新潟県に生まれる。現在、千葉県立千葉高等学校教諭。生き物と環境の関係を主テーマに水環境、クモの生態、ボルネオの生物を研究している。地域の教材化で日本生物教育会賞金賞を受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ